品質マネジメントが注目されている時代

現在、私たちの身の回りには実に多くの製品が存在しており、さまざまな活動を支えています。このような状況下で、企業は顧客の要望に十分に応えた製品づくりが求められており、REACH分析は、新たな製品品質の証明として注目されています。

スクリーニング分析と精密分析の違い

スクリーニング分析の概要と分析を行う目的

スクリーニング分析とは、分析の対象となる試料の中に特定の物質が含まれているかどうかを検査する手法です。比較的迅速に目的物質の試料中における有無を判別することが可能で、精密分析の前段階として行われます。

精密分析の概要とスクリーニングと異なる点

精密分析では、多種多様な分析手法を活用して、ある特定の物質についての精密な分析を行います。スクリーニング分析と比較して、非常に高い精度での分析が可能となりますが、分析作業に必要となる時間は増加します。

REACH分析は信頼できる機関へ依頼

REACH分析の対象となる物質は、自然環境や人体に深刻な影響を与えるとても危険なものです。したがって、これらの分析はきわめて正確に行われる必要があります。REACH分析を依頼する場合には、信頼と実績のある機関に依頼しましょう。

REACH分析を依頼するときの流れ

REACH対象を確認

REACH分析を依頼する際には、まず分析を依頼したいものに含まれると予想されるREACH対象の物質を確認しましょう。あらかじめ分析対象の物質を把握しておくことで、REACH分析を依頼する際の手続きをスムーズに進めることができます。

依頼をする機関の決定

分析を依頼する化学物質をよく確認したのち、REACH分析を実際に行ってもらう機関を決定します。REACH分析は非常に高度な分析技術と正確な測定が求められるので、分析機関を選ぶ際は、十分な実績のある分析機関を選択することが重要です。

分析依頼の見積もりを

REACH分析を依頼する機関を決定した後は、分析依頼の見積もりを行いましょう。分析の対象となる物質の種類や作業の期間などにより依頼料が大きく変わるので、どのような分析を行う必要があるかを明確にした上で見積もりを行うとよいでしょう。

分析機関に分析を依頼

依頼内容の見積もりを十分行ったのち、依頼先に正式な分析の依頼をします。一般に、分析機関のホームページに依頼の申し込みの案内があるので、それに従って分析の依頼についての手続きを行います。記載内容に漏れがないように十分注意しましょう。

分析の結果の受け取り

分析機関に分析を依頼すると、分析作業が完了した時点で分析結果についての報告書がこちらに送付されます。REACH分析結果の報告書が手元に届いたら、その内容をよく確認しましょう。内容に不備があった場合は、直ちに依頼先に連絡しましょう。

[PR]REACH分析は専門業者に任せるべし!
消費者に安全を届けよう

REACH分析の流れを把握してスムーズに分析結果を得る

男性

REACH規制って何?

REACH規制とは、EUにおいて2007年の6月より施行されている化学物質に関する法規制です。この規制によって、EU域内で製造もしくは使用される化学物質について指定の登録を行うことが義務付けられています。REACH規制の対象となるのは、EU圏内の国々だけではなく、EUに化学製品の製造工場を有する、もしくはEU向けに製品を輸出しているといった場合には、EU圏外の企業も規制の対象となることがあります。

REACH分析のメリット

REACH分析を行う最大のメリットは、製品をEUの国々に輸出することが可能となることです。REACH分析を行い、REACH規制対象となっている物質についての登録を認可されれば、製品をEU諸国に販売することが可能となり、利益の向上につながります。また、REACH分析を行った結果は製品の安全性に対する証明となるため、日本国内においても顧客に対して製品が安全なものであることをアピールすることができます。

広告募集中